賃貸ショップFC放出駅前店 大阪市鶴見区放出駅前賃貸のホームアライブ

ホームアライブロゴ

 賃貸マンションの平米数について

大阪市鶴見区の賃貸情報
賃貸マンションの平米数について
マンション選びで必ず目にするのが、部屋の広さを表す『平米』という単位である。しかし、その単位から広さを把握するのは素人には至難の業。「1平米」と言われてもどれくらいの広さなのか、即答できる人はあまりいないハズ。 「畳何畳分の広さならわかる!」という人はいるかもしれないが、残念ながらマンションの表示は基本的に平米! 「平米」とは平方メートルのこと。日本ではメートルを「米」と書くことから「平方米」を略して「平米(へいべい)」と言われるようになったでゴンス。 平米は1m×1mの面積を表している。
不動産広告ルールでは1帖=1.62㎡(へいべい)と決められています。
1坪=1/0.3025=3.3057851平米=2畳
1畳=3.3057851/2=1.6528925平米

尺貫法の単位

単位 読みメートル法換算値
一寸 約3cm
一尺 約30cm
半間 約91cm(畳の短い方の長さ)
一間 約182cm(畳の長い方の長さ)
一坪 一間四方 3.3㎡(畳2枚分の広さ)
一㎡ 1m四方 約0.325

たとえば ○○㎡のお部屋は何畳??

不動産広告ルールでは1帖=1.62㎡(へいべい)と決められています。

※平米数で表記してある専有面積とは、ベランダ・バルコニーを含まない、お部屋全体の面積です。 ということは全体の平米数を「1.62」で割れば、全体の帖数がでます。
例えば22㎡のお部屋 22÷1.62=約14畳 お部屋が8帖なら、残りの6帖の中にキッチン、お風呂、トイレ、収納、玄関が 配置されている事になります。これで部屋全体の感覚がつかみやすくなったと思います。

「畳の寸法」

単位 読みメートル法換算値
四帖半 約7.29㎡ 一間半四方 2.25坪
六帖 約9.72㎡ 一間半×二間 3坪
  • 戦国時代の寸法

  • 鎌倉時代からを部屋全体に敷き詰めることが始まり、室町時代以後一般化した。
    織田信長が用いた大きさは、1800mm×900mmである。
    これは敵が攻めてきたときに、鉄砲の弾から身を守る楯として使用するため、人間の大きさに合わせたと言われている。

  • 室町時代以降の寸法

  • 織田信長の使用した大きさをもとに、東日本と西日本でそれぞれ柱の大きさを考慮しながら、の大きさを標準化した。

  • 地域によって畳サイズが異なる

  • その昔、関西地方では家を建てるときにの大きさに合わせて家のサイズを決めていました。
    だから、引っ越すときには家具を持っていったほど。
    常にの大きさは変わらず、部屋の大きさも同じだったようです。
    これに対し、関東地方では家を建ててからそこへ畳をはめ込むという方法を取っていました。柱と柱の間の寸法を測り、そこに合うようにを作ったものですから、柱の分だけが小さくなってしまったと考えられています。
    この、後からをはめ込むという家づくりの方法は、柱寸法を規格化することで家づくりにかかるコストをダウンし、短期間で量産的に建てるために必要不可欠であったし、そのためにを小さくしなければならなかったことも仕方がなかったのかもしれません。
    また、「団地間」という、最も小さなサイズの畳は、その名の通り主に団地で使用されているのですが、
    集合住宅の構造上、配管を通したり断熱・遮音効果を高めるために壁を厚くする施工を施されたために、部屋の内側面積が狭くなり、それにあわせて畳も小さくなっていったと考えられます。
    このような過程を経て、現在関東と関西ではの大きさが異なってしまったのでした。

    には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。
    大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。
    一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の四種類が有名である。
    この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
    2:1の縦横比が崩れないように長さを増減した各種の規格が存在する(半畳サイズの畳は1:1の縦横比)。以下は1サイズの各種規格である。

  • 京間、本間、本間間

  • 3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)のサイズ。
    主に関西・中国・四国・九州で使用されている。

  • 中京間、三六間

  • 3尺×6尺(910mm×1820mm)のサイズ。
    主に愛知・岐阜・三重県の中京地方や福島・山形・岩手の東北地方の一部、および北陸地方の一部と沖縄、奄美大島で使用されている。

  • 江戸間、関東間、五八間

  • 2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm)のサイズ。
    関東、東北、北海道など東日本の大部分の地域で使用されており、現在では全国的な標準規格になりつつある。

  • 団地間、公団サイズ、五六間

  • 2尺8寸×5尺6寸(850mm×1700mm)のサイズ。
    公団住宅、アパート、マンション等、共同住宅や高層住宅のほとんどで使用されている。

  • その他畳サイズ

  • 六二間 - (3尺1寸×6尺2寸、940mm×1880mm)九州地方の一部で利用されている。

    六一間 - (3尺5分×6尺1寸、925mm×1850mm)近畿・中国地方の一部で利用されている。

    京間か団地間かでは畳サイズはことなります。
    京間と中京間で0.6、江戸間で1.1、団地間ではなんと1.6も差が生じてしまいます。
    ちなみに、京間で4畳半だと8.2平米、団地間の6畳は8.7平米で、その差は0.5平米。団地間の6畳は、京間の4.5畳より0.3畳分しか広くないのです!



    「床の間とは 」

    床の間は、和室の構成要素の中でも最も伝統的な法則があり、格式が重要視され、和室の象徴として大切にされている。
    四季を演出し、お客様を迎える「顔」でもあるため、床の間を背にして座る位置が上座である。
    床には掛軸が掛けてあり、香炉・花入れが置かれ、違い棚には飾り物があるのが、本来の形である。

    床の間のある部屋においては、床の間側を上座とし、その部屋の中心となる。(室内空間に方向性を与えるという点では、洋間のマントルピースに相当するともいえる)
    江戸時代には、庶民が床の間を造るのは贅沢だとして規制されていたが、明治時代以降になると客間に床の間を造るのが一般的になった。
    現在では掛け軸をかける習慣が衰え、畳の部屋でも床の間を省略することも多い。
    旅館では床の間がテレビやセーフティボックス(要は金庫)を置くスペースになり下がっていることもよく見受けられる。

    フリーワード検索

    Loading
    ウィークリーマンション

     新着・お知らせ